LINEのトーク履歴を隠す方法

大人数のトークだと自分の関係ない会話が繰り広げられたり、見るのも面倒だし、なんて思っている人もいるはず。

本当に不要となったトークならデータ削減のため、削除すべきではありますが、現在のLINEにはトーク履歴を非表示にする機能が備わっています。今回はそれを利用する際の操作方法、注意点について紹介します。

操作方法

1. 設定

トーク画面の左上にある「編集」をタップし、非表示にしたいトークリストをタップします。メニュー画面が開きますので、非表示を選択すれば完了です。

なお、Android版では長押しで表示されるメニューから選択することも可能です。

hoge

2. 設定取り消し

トークの場合、非表示にした相手を知る方法はありません。非表示設定を取り消す場合は、友達リストから非表示にしたトークをしていた相手をタップ、続いてトークをタップします。これで非表示設定が取り消されます。

注意事項 

上記の通り、もしトークをしていた相手が分からなくなった場合は、残念ながらもはや誰にもわかりません。そのトークにメッセージが送信されてこない限り知るすべはなく、その場合は改めてトークを新規で起こすより方法がありません。

また、トークを非表示にした友達そのものが非表示になっている限り、その人物に関するいかなるトークも再表示することはできません。

非表示機能を使用する場合は、誰が非表示になっているか、あるいはどのようなトークを非表示にしたかを常に把握している必要があります。

まとめ

注意点が色々とあるので、トークを非表示にしたまま重要なメッセージを見落として相手の信頼を失ってしまうことにならないよう、LINEにおいてもトーク履歴の整理はこまめにしましょう。