LINEで写真や動画、連絡先を送る方法

町で見かけた面白い光景、子供またはペットの可愛い瞬間、旅行へ行った時の様子など、自分の写真、動画を友達に見せたくなることは数多くあります。また、友達に共通の友人の連絡先を送りたい場面があるかと思います。簡単に写真や動画、連絡先を送ることができたら便利ですよね。

もちろん、LINEでもこれらのことは可能です。今回はLINEで写真や動画、連絡先を送る方法や注意事項などについていくつかお話したいと思います。

写真や動画を送る方法

写真や動画を送る場合、下記2つのケースが想定されます。

  • 保存されているデータを送る
  • その場で撮ったものを送る

保存されているデータを送る

1.まず、トーク中に左下に表示されている「+」をタップし、メニューを表示させます。

2.「写真を選択」または、「動画を選択」をタップ、ギャラリーが表示されたら、送りたいデータを選択します。

3. 表示された写真や動画の中から送りたい写真の右上のグレーのチェックアイコンをタップします。緑色になれば選択完了です。(複数選択も可能です。)

4.  右下の選択のボタンをタップします。

5.写真であれば、左下のアイコンから加工することが可能です。何もなければ、右下の送信を押しましょう。これで完了です。

その場で撮ったものを送る

1. まず、トーク中に左下に表示されている「+」をタップし、メニューを表示させます。

2. 「写真撮影」または、「動画を撮る」をタップし、撮影します。

3. 撮り終えたら「写真を使用」または、「動画を使用」をタップします。

4.写真であれば、左下のアイコンから加工ができます。何もなければ右下の「確認」を押しましょう。これで完了です。

注意事項

第三者のプライバシー及び著作権の侵害にあたるような写真・動画は送ってはいけません。友達からもらったもの、あるいは友達のプライバシーに抵触するとみられるものを別の友達に送る場合については本人に確認を取り、了解に得られてからにすべきです。

上記のことを深く考えずに軽率な投稿をしたことで、人間関係が拗れるだけでは済まず、損害賠償、刑事罰等が発生する事態まで発展することもあります。それを忘れないようにしましょう。

また、送った写真は例外なく縮小されてしまいます。これはサーバ側の負担を軽減するためにしていることであり、避けようがありません。どうしても元の大きさのまま送りたいのであれば、クラウドストレージなど、他の手段を利用することを考え、LINEではできないことと割り切りましょう。

なお、設定>トーク・通話>送信画像の品質で「低品質」が選択されているとより縮小率が上がります。

連絡先を送る方法

1. 連絡先を送りたい相手のトーク画面を開きます。

Screenshot_2016-06-09-21-01-43

2. 連絡先を送りたい相手のトーク画面を開いたら、画面左下にある「+」をタップします。

3. 複数の項目が出てくるので、「連絡先」(手帳のようなアイコン)をタップし、友達一覧を表示します。

4. 送りたい友達にチェックを入れ、最後に「選択」をタップすると、トークしている相手に選択した友達の連絡先が送信されます。

注意事項

あくまで連絡先はその人の個人情報ですので、どういった人物にどういった目的で送るのかを本人に伝え、了承を得てからにしましょう。

誰かが知らないうちに自分の連絡先をばら撒き、そのおかげで面識のない人物からのメッセージが増えてしまったとなったらどんな人でも困るはずですが、場合によっては友達をそのような目に遭わせてしまう可能性があることを覚えておいてください。

まとめ

何を送るにしてもプライバシーや著作権には気をつけましょう。送る時には本人に了承を得てから送るようにしてください。

簡単に送れて便利な機能ですので、ぜひ利用してみてください。



イベント