Facebookページを自分のサイトに埋め込む方法

自分で運営しているFacebookページを、自分のウェブサイトやブログなどで紹介していきたい、という方も居られるのではないでしょうか。実は、自分のFacebookページをサイト・ブログへの埋め込むにはFacebook開発者ページの「ページプラグイン(Page Plugin)」というシステムを利用する事で可能なのです。

Page Pluginの使い方

1. まずPage Pluginへ移動します。
2. 「FacebookページのURL」欄に、埋め込みたいFacebookページのURLを入力します。

img 1


  3. 「コードを取得」をクリックし、埋め込み用のJavaScriptコードを発行します。

img 2


4. 上のコード(コード①)をサイト内の<body></body>タグ内で1度だけ記載し、下のコード(コード②)を実際にサイト内でプラグインを呼び出したい位置に記載します。

img 3

下のコードを呼び出した位置に、該当のFacebookページが埋め込まれています。

※コード①を<body></body>内に1カ所していれば、コード②については複数個所記載すれば、プラグインも複数個設置する事が可能です。

「タブ」について

タブの設定で、プラグイン内を以下の3種類の内容にて設定する事ができます。

  • Timeline:Facebookページのタイムラインをそのまま表示させます。
  • Events: Facebookページで作成されたイベントのみを表示させます。
  • Messages:Facebookメッセージを送信できるフォーマットになります。

使用用途に合わせて、表示内容もカスタマイズしていきましょう。

まとめ

以上で、Facebookページを自分のサイトに埋め込む事ができます。

ページプラグインについては、表示サイズの調整やヘッダー画像の表示・非表示、投稿内容や「いいね」をくれた人のアイコンを表示させるかどうかなど、簡単なレイアウト・デザイン設定も行う事ができます。

あなたのFacebookページを、Facebookだけに留まらずあなたのウェブサイトにも掲載し、より効果的な周知・プロモーションへと繋げて行きましょう。


イベント