Gmailでログイン・ログアウトする方法

自分のパソコンやスマートフォンからのログイン、ログアウトは問題なくできる場合が多いでしょう。では外部の公共でのパソコンや共有しているパソコンからGmailにログイン、ログアウトすることはどうでしょう。特にログアウトするときには、気をつけなければならないことがあります。

Gmailにログインする

外部からGmailにアクセスするのに手っ取り早いのはブラウザを開いて「Google」で検索し、「Googleトップページ」か、「Gmail」をクリックします。

2-1

どちらからでもOKです。それぞれアカウントとパスワードを入力してログインします。

自分のパソコンからではない場合には念のため「ログイン」ボタン下に「ログイン状態を保持する」のチェックははずしておきます。

2-9

外部・共有のパソコンから安全にログインする

ブラウザを使用する際に「シークレットモード」をお勧めします。シークレットモードの場合、ブラウザの履歴やCookieなどはブラウザを閉じると共に消去されます。ただし、ブックマークやダウンロードファイルは残りますので「設定」画面から手動で消去する必要があります。

Chromeの場合ですが(他のブラウザも同じように設定画面があります)、ブラウザ右のボタンをクリックすると下記のようなウィンドウがでてきますので、「シークレットウィンドウ」を選択してからログインするのがより安全でしょう。

2-2

確実にログインしよう

ログインできない理由として、たいていの場合はアカウントもしくはパスワードが間違っていることが多く正しい入力によって解決します。しかし、何度もログイン認証に失敗するとロックされてしまうことがありますので、注意が必要です。

ログインできないとき

いくつかの選択肢が出てきます。「お困りの場合」をクリックしていくつかの質問を選択してみましょう。

2-3

いくつも画面が出てきますので、答えられる質問に対応して解決しましょう。

Gmail(Googleアカウント)からログアウトする

自分のアカウントのマークをクリックして「ログアウト」します。

2-4

これでGoogleアカウントからログアウトできました。

ブラウザの履歴も消去する

ブラウザはシークレットモードでGoogleアカウントからログインし、ログアウトしたときにも念のため「設定」画面をチェックしておきましょう。ブラウザ右のマークから「設定」を選択します。

2-8

「シークレットモード」でGoogleアカウントにアクセスしたはずなのに、ブラウザの履歴に残ってしまう場合があります。ブラウザがGoogleアカウントと自動で連動されるためです。また、間違えてブラウザにログインしてしまった場合もGoogleアカウントや個人情報が残ってしまう場合があります。

「ユーザー」項目右のほうに「×」マークがありますのでクリックして削除しておきましょう。

2-5

ブラウザにはどの種類であってもChromeと同じく履歴を残さない「シークレットモード」と同じ機能があります。またどのブラウザにも「設定」などの項目がありますので、履歴、Cookie、ダウンロードファイル、ブックマークなど個人情報は削除できます。

ログアウト後は念のためにブラウザの設定画面で確認をしてから退席しましょう。

ログアウトし忘れはないか確認する

Gmailは、前回のログインがいつだったのか使用したパソコン以外からでも即座に確認することができます。まずGmailにログインしたら下画面を見ます。

2-6

とありますので、下線が引いてある部分「アカウントアクティビティの詳細」をクリックするとウィンドウがでてきます。

2-7

このウィンドウの「他のすべてのWebセッションからログアウト」というボタンをクリックします。「ログアウトしました」ということを確認して完了です。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square