MacでWindowsとファイルを共有する方法

WindowsとMacがある環境で、ファイルを共有する方法はさまざまな手法がありますが、今回は、WindowsからMacへアクセスすることでファイルを共有する方法をご紹介します。

Macの設定方法

1. アップルメニューの「システム環境設定」をクリック

スクリーンショット 2016-06-08 5.59.46

2. 「共有」アイコンをクリック

スクリーンショット 2016-06-08 6.00.05

3.  左カラムの「ファイル共有」のチェックボックスをクリック

スクリーンショット 2016-06-08 6.00.51

ファイル共有が「入」になります。

4. 共有フォルダの「+」をクリック

スクリーンショット 2016-06-08 6.01.17

選択画面で共有するフォルダを選択して、「追加」ボタンをクリックします。

スクリーンショット 2016-06-08 6.03.44 2

5. 「オプション」ボタンをクリック

スクリーンショット 2016-06-08 6.04.33_2

WindowsからMacにアクセスする設定を行います。

6. 表示されているアカウントをチェック

スクリーンショット 2016-06-08 6.04.50

7. 共有を有効にするために、アカウントのパスワードを入力

スクリーンショット 2016-06-08 6.05.37

8.  「完了」をクリック

スクリーンショット 2016-06-08 6.06.12

WindowsからMacへアクセスする方法

共有設定されたMacのフォルダにWindowsからアクセスします。

1. Windowsの「ネットワーク」からMacを選択

アクセスすると共有されたフォルダが表示されます。

Mac共有_1

2. フォルダをクリック

フォルダが開きます。このフォルダがWindowsからアクセスできるようになりました。このフォルダにファイルを保存することで、MacとWindowsの両方でファイルを共有することができます。

Mac共有_2

まとめ

MS-Officeや画像ファイルなど、WindowsとMacのどちらでも扱えるファイルが増えてきました。このようにフォルダを共有設定することで、それぞれの環境でもファイルが扱えるようになります。