コミュニケーションを円滑にするクッション言葉の使い方

仕事をしていると、目上の人や、初対面の人に何か頼まなければならない瞬間がありますよね。そんなときに役に立つのが「クッション言葉」です。これを付け加えるだけでぐっとやりとりがスムーズになります。今回はそのクッション言葉の使い方を紹介します。

でんわ

何か頼むときの「ワンクッション」

たとえば、あなたが職場で「○○してください」と突然言われたら、唐突な感じがしてしまうのではないでしょうか。自分がとても忙しいときだったらいらだつかもしれませんね。

では、「お手数ですが、○○してくれませんか」と言うとしたら、どうでしょうか。少しやわらかい印象になりますし、「今は手が空いていないから、後でいいしょうか」と断ることもしやすくなります。

クッション言葉は、このように頼み事するときの印象を、少しやわらげる効果があります。

頼み事以外にも使えるクッション言葉

クッション言葉には様々な種類があります。

たとえば「失礼ですが」。プライベートな質問をしなければいけないとき、「失礼ですが、お子さんはいらっしゃいますか」と聞くと少し丁寧で気づかいのある印象になります。

そして、「今お時間ありますか」。これは質問や教えてほしいことがあるときに使うと、丁寧な印象になります。

代表的なクッション言葉

失礼ですが

早速ですが

恐れ入りますが

申し訳ございませんが

あいにくですが

申し上げにくいのですが

お手数をおかけしますが

できましたら

もし、よろしければ

今、よろしいですか?

まとめ

クッション言葉はここに書いたもの以外にもたくさんあります。職場の人のやりとりを観察して、「これはクッション言葉だ」というものがあったら真似して使ってみるといいでしょう。

クッション言葉を工夫すると、スムーズな会話ができるようになります。気を付けてみてくださいね。