「貴社」と「御社」の違いと正しい使い方

「貴社」と「御社」はどちらも相手の会社を敬って言う言葉です。では、「貴社」と「御社」はどう違うのでしょうか。実はこの二つには、微妙な使い方の違いがあるのです。

そこを覚えておくと、敬語を使うときよりスマートで丁寧な印象になるので、覚えておきましょう。今回は二つの言葉の使い方について、お話いたします。

「貴社」「御社」はどう違うのか

「貴社」は主にエントリーシートや履歴書など、書面で使う言葉です。一方で「御社」は面接などの対面の話し言葉で使われる言葉です。

なぜこの二つは違うのかというと、「貴社」の読みである「キシャ」は、「記者」「汽車」など他の漢字をあてることができ、会話の中で使うと意味をとりにくい場合があるからです。話し相手が誤解しないように、感じをしっかり表記することができる書き言葉でしか「貴社」は使いません。

そして話し言葉で「貴社」の代わりに使われる言葉が「御社」なのです。こちらは同音異義語がほぼないので、勘違いすることは少ないでしょう。

似たような意味なのに二つの言葉があるのは、相手への気遣いゆえなのです。

まとめ

敬語における、「貴社」と「御社」の違いについて理解していただけましたでしょうか。

二つの言葉の違いを覚えておくと、面接や取引先とのやりとりで役立ちます。スマートで丁寧な会話のために、心がけておきましょう。敬語に気を付けることは、新入社員や就活生が少し大人っぽく見られる第一歩です。