Gmailでブラウザの通知の設定をする方法

Gmailには、新着メールのお知らせをデスクトップに表示させる機能があります。「Google Chrome」ブラウザで「Gmailにログイン」していることが条件になります。すぐに新着メールをチェックできることですばやく内容を知ることができます。

新着メールを表示させる

Gmailとブラウザの設定と確認をしておきましょう。

Gmailの通知設定

Gmailにログインして「歯車」マークから「設定」を選択します。

9-1

設定画面からスクロールさせると「デスクトップ通知」という項目がでてきます。「メール通知(新規メール)」もしくは「メール通知(重要メール)」のいずれかを選び、項目一番下の「変更を保存」をクリックします。

9-2

ブラウザの通知設定

Chromeでの設定です。ブラウザ左上のマークをクリックして「設定」を選択します。

9-3

設定画面が出ますが設定が省略されているので一番下の青い文字「詳細設定を表示…」をクリックし「プライバシー」という項目を探して「コンテンツの作成」をクリックします。

9-4

「コンテンツの設定」というウィンドウが新しくでるので、スクロールして「通知」という項目を探します。

9-5

通常は推奨される設定「サイトが通知を表示しようとしたときに確認する」になっています。

「すべて許可」か「推奨」設定にしていても届かない場合、また「許可しない」設定にしてある場合は「例外の管理…」ボタンをクリックして、Gmailの通知が「許可」になっているか確認してみます。

「通知の例外」というウィンドウで「https://mail.google.com」の通知が「許可になっているか確認します。「許可」にして「完了」ボタンをクリックします。

9-6

この項目がない場合は下の入力ボックスから「https://mail.google.com」と入力し「許可」に設定します。「完了」ボタンでブラウザ設定は終了です。

試しに送信してみましたが、デスクトップに通知が届きました。

9-7

Gmail標準の設定は、デスクトップ通知される時間が短いこと、ブラウザからGmailにログインしていないと表示されないことは少々不便ですね。

Chrome拡張機能を追加してデスクトップ通知させる

ブラウザのChrome拡張機能として、より利便性の高いデスクトップ通知の拡張機能があります。

Checker Plus for Gmail™

「Checker Plus for Gmail」を拡張機能に追加することで通知音、音声での通知、表示時間、表示内容などの設定ができます。「CHROMEに追加」ボタンをクリックし拡張機能を追加します。

「Checker Plus for Gmail」の利便性

この拡張機能を追加することでデスクトップの通知時間を長くすることができ、ブラウザの右上に新着メール件数が表示されるようになりますので見逃すことが少なくなります。ブラウザを閉じていてもメール通知される設定に変更できます。

「Checker Plus for Gmail」設定

表示時間・内容などの設定は、ブラウザ右上にある赤いメールマークをクリックしてウィンドウの右上「点々」マークをクリックし「オプション」を選択します。

9-8-1

設定画面で、自分の好みの設定にします。デスクトップ通知の表示時間を長くすることもできますし、ブラウザを閉じていても通知できるよう変更が可能です。(Gmailログイン保持が条件)

9-9

まとめ

新着のメールをすぐにチェックできるというのはとても便利ですね。Gmail標準の通知設定よりも拡張機能のほうが見逃しを防ぐのには良いでしょう。いろいろ設定を変えることができて新着メールの表示も気がつきやすいようになっています。