2月の時候の挨拶、書き出し例

2月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。 大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

2月の季節の挨拶・手紙の書き出し

2月の時候には「向春の候、早春の候、晩冬の候、梅花の候、暮冬の候、軽暖の候、春寒の候、残寒の候、上春の候、解氷の候、余寒の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例 「向春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

2月の時候の挨拶文

・寒気もようやくゆるみ、春の兆しを感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

・立春とはいえ、なおきびしい寒さが続いていますが…。

・春とは名ばかりで寒気のきびしい日が続いていますが…。

・暦の上では春というのに酷寒の日の連続ですが…。

・きびしい寒気の中で、梅のつぼみがほころび始めたようですが…。

・今年は降雪も多く、寒さが身にしみる日が続いていますが…。

・春の息吹が感じられるころとなりましたが…。

・木々の枝先に春の訪れを探してみる季節になりましたが…。

・寒牡丹の花が開き始め、人々の心を和ませていますが…。

・うぐいすが春の訪れを告げるように鳴き始めましたが…。

・バレンタインデーに向けて町も活気をおびるています。

・ふきのとうのあたまが顔をだし、春の訪れを実感しました。

使いたい季語の例

春の訪れを感じさせる言葉を使うと、相手の方の気分も和みます 。

春 梅 万両の実 寒牡丹 バレンタインデー ふきのとう 桃の節句 ウグイスなど 

まとめ

1月のお正月や寒さの強調に比べ、2月は「もうすぐ春」という表現が多いです。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square