役職名+「様」「殿」は間違い! 敬称の正しい使い方

封筒のあて名書きや、メールをするとき、役職名+「様」「殿」にしていませんか?実はこの書き方は間違いなのです。では、どのように書くのが正しいのでしょうか? 今回は、役職名と「殿」「様」の使い方をお話しします。メールにおける役職名について悩んだときはぜひ参考にしてみてください。

役職名+「様」「殿」は間違い

基本的に、役職名と「様」「殿」は続けて書いてはいけません。

メールや封筒のあて名書きでは「○○部長様」ではなく、「○○部長」と書きましょう。もちろん会話においてもこの原則は同じですので、課長の後ろに様をつけて呼ばないように気を付けましょう。

社外の役職の方のときはどうする?

しかし、顔も知らない社外の方へのメールだと、「部長」だけでは少しそっけない気がしてしまうのも確かです。もっと相手に敬意を払う書き方はないのでしょうか?

そんなときは、「部長 ○○様」と表記しましょう。これならば、役職名と「様」が続いておらず、間違いではありません。丁寧さも上乗せされて好印象になるでしょう。

話すときは、相手を紹介するときや正式な場面で「部長 ○○様」を使い、普段は「○○様」でもいいでしょう。

まとめ

役職名と「殿」「様」の使い方について、理解していただけましたか? 呼び方は丁寧さや敬意を示す重要な部分ですので、気を付けるときちんと感が増して、好印象になります。

あなたもメールやあて名書きに悩んだときは、参考にしてみてください。


イベント