「様」と「殿」の正しい使い方

正式なメールや文書などで、普段なんとなく使い分けている敬称の「様」と「殿」。どちらも名前の後につける、敬意を示す言葉ですが、この二つがどう違うか理解していますか?

今回はその使い分け方について説明いたします。文書やメールできちんと使い分けられるようになりましょう。

「様」は目上の人に使う言葉

「様」は基本的に目上の人に使う言葉です。

たとえば、取引先の方や上司、顧客などには「様」がふさわしいでしょう。逆に部下や身内の人間に「様」を使うことは少ないです。

「殿」と違って「様」は話し言葉でも使えますので、会話の中で敬称を付ける場合は「様」を選びましょう。

「殿」は目下の人に使う言葉

一方「殿」は目下の人に使う言葉です。

会社が従業員あてに文書を出す場合や、部下に向けてメールを出すときに「殿」が使われます。「様」と比べると、より身内に向いているイメージがある言葉です。

また、「殿」は話し言葉では使うことがありませんので、文章だけの表現といえるでしょう。会話で「殿」と言うのは間違いにあたりますので注意が必要です。

まとめ

「様」と「殿」の違いについて理解していただけましたか? 使い分けによって大きく意味合いが変わってくる言葉ですので、間違えないように気を付けましょう。

「様」と「殿」を使いこなして、ビジネス文書やメールをより美しく正確なものにしましょう。丁寧な文書は、周りからの好感度が上がり、信頼にもつながりますよ!


イベント