出していない人からの年賀状への対応とマナー

年始の重要なイベントといえば、年賀状の交換です。しかし、出していない人から年賀状をもらうこともありますよね。そんなとき、どのように対応すればいいのでしょうか? 今回は出していない人から年賀状をもらった時のマナーについてお話いたします。

ポスト

必ず返事を出すのがマナー

出していない年賀状には、必ず返事をするのがマナーです。

年賀状の時期を過ぎてしまうので、できるだけ早く出しましょう。年賀状として出せるのは、1月7日までです。それ以後になってしまっても、寒中見舞いとして出せます。出すのが遅くなったからといってあきらめは禁物です。

前もって年賀状の予備を用意しておくと、手早く出せます。

年賀状が遅れた理由は書かない

では、年賀状に書くコメントはどうすればいいのでしょう。

基本的に、年賀状が遅れた理由については、書かなくてもかまいません。目上の方に向けて言い訳するのは、むしろ失礼にあたります。他の年賀状と同じように、普段通りの新年のあいさつをしましょう。

例外として、目下の人や友人には年賀状が遅れた理由を書いてもいいですが、こちらもくどくどと長く書かず、シンプルにまとめる方が印象が良いでしょう。

まとめ

出していない人から年賀状が来てしまうと、対応に悩むことが多いと思います。出してない人から年賀状が来た場合、遅れてしまってでも、しっかり返しましょう。

この記事を参考にして、年賀状のお返しを考えていただければ幸いです。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square