Dropboxで一部のフォルダを同期させない方法

Dropboxのデスクトップアプリケーションを使っているときに、一部のフォルダだけ同期させたくないということはありませんか?

Dropboxでは、必要なファイルのみパソコンで管理することも可能で、パソコンのハードディスクなどの容量が少なくて、節約したい場合などに便利です。

今回は、この選択型同期機能の設定の仕方をご紹介します。

選択型同期機能の設定の仕方

1. システムトレイにあるDropboxのアイコンをクリック

01_Dropbox選択型

2. 右上の歯車アイコンをクリックして、「基本設定...」をクリック

02_Dropbox選択型

3. 「アカウント」タブをクリック

04_Dropbox選択型

4. 「アカウント」タブの「選択型同期」をクリック

Dropboxフォルダ内フォルダリストが表示されます。フォルダのチェックボックスにチェックが入っているフォルダはパソコンと同期されています。

05_Dropbox選択型

5. 同期させないフォルダを選択して、チェックボックスのチェックを外し、「更新」ボタンをクリック

06_Dropbox選択型

「選択型同期の設定を更新しますか?」が表示されるので、良ければ、「OK」ボタンをクリックします。

07_Dropbox選択型

6. 「Dropboxの基本設定」画面で、「適用」ボタンをクリック

08_Dropbox選択型

チェックボックスのチェックを外したフォルダは、PCのハードディスクから削除されますが、Dropboxのウェブサイトや同期している他のデバイスからアクセスすることが可能です。

まとめ

PCのハードディスクなどに十分な空き容量が無い場合などには、ファイルを削除しなくても、この選択型同期を設定すれば必要な時にだけ同期するという使い方ができます。

皆さんもぜひ試してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square