ビジネスにおける弔事のマナー

同僚や上司あるいはその家族、取引先など、訃報は予告なしに突然やってくることが多いため、戸惑われることも多いと思います。一般的なマナーを参考に、ご自身と亡くなられた人との関わりで、相応しい行動をとりましょう。以下に弔事のマナーとして心得たいポイントを記載します。

通夜と葬儀では?

通夜は身内で行う慣習でしたが、近年では出来るだけ早くお悔やみに行く意味でも、通夜から参列するのが一般的です。関係の深い場合は通夜と葬儀の両方に出席しますが、特別の間柄でなければ、いずれかに出席することで失礼にはなりません。特に取引先の関係者の場合はお通夜のみで済ませることも多くなっています。

葬儀と告別式は区別せずに行われることが多くなり、通常は親族、一般参列者の順に焼香した後、故人との最後のお別れ、喪主の挨拶、出棺の順に葬儀と告別式が進行します。一般参列者は出棺の見送りでまで参列し、特別の関係があれば火葬場まで同行します。

服装は?

お通夜の服装は、急に弔問にかけつけるという意味から喪服でなくても構いませんが、派手な色は控えた方が良いです。黒いリボンなどで弔意を示すこともできます。

葬儀・告別式は略礼服が多いようですが、一般会葬者として参列する場合は正式な喪服でなくても失礼に当たりません。黒やダークカラーの平服で黒のネクタイとし、タイピンや胸ポケットのハンカチは使用しません。女性の場合は地味なワンピースかスーツ、アクセサリーははずし、化粧はひかえめが良いでしょう。

おくやみの言葉は?

お悔やみは、遺族への思いやりが伝わる挨拶が必要です。詳しく「病状・死因」を尋ねたりすることは控え、差し障りなく手短に述べます。「たびたび」「ますます」などの重ね言葉や「消える」「浮かばれない」など不吉なことを連想させる言葉は「忌み言葉」とされています。「ご愁傷さま」「お悔やみ申し上げます。」は一般的な言い回しです。

供物や供花、弔電は?

供物や供花を送る時は、通夜または葬儀の前日までに届くように葬儀社に手配を依頼します。宗教や宗派によって供えるものが違う場合がありますので、葬儀社に確認したほうが無難です。

通夜や告別式に出席できない場合、あるいは取引先のご不幸の場合は、喪主宛に弔電を打ちます。お通夜の当日や遅くとも告別式の開式前までには通夜、葬儀・告別式が開かれる斎場に届くように手配しましょう。

香典は?

不祝儀袋は、予め「御霊前」「御香典」「御仏前」などの表書きのあるものを使用することが多くなっていますが、無い場合は水引の上中央に薄墨で大きめに書きます。

「御霊前」は宗教にこだわらず一般的に使用できます。水引の下中央に氏名を書き、社名や肩書は氏名の右側に小さく入れます。裏面には、住所と金額を書きます。

中包みがある場合は、住所や金額は中包みに記入しますが、大切なことは受付や返礼に困らない様に氏名、住所、金額がわかりやすく書かれていることに配慮しましょう。

香典の金額は、特別の間柄でなければ、3000円、5000円、1万円が相場となっているようです。マナーとして「4と9」のつく数字の金額は避けましょう。

まとめ

ビジネスにおける訃報のお知らせで必要な事項は、故人の氏名、故人との関係(肩書など)、亡くなった理由、年齢、喪主の氏名、通夜、葬儀・告別式の日時、場所、献花・供物などの可否、について出来るだけ早く情報を得、伝えることです。

通夜、葬儀・告別式の内容も故人の意志や家族が信仰する宗教などによって大きく変わります。あくまでも一般的な慣習を参考に、遺族への思いが伝わるよう臨機応変に対応することが大切と思います。


イベント