Facebookの誕生日を非表示にする方法

Facebookでは、自分のプロフィールで誕生日を登録することが出来ます。しかし、誕生日を公開していると自分の誕生日の日には「今日は○○さんの誕生日です」という表示が友達の画面に表示されるため多数のメッセージが来ることがあります。

友達が祝ってくれるのは嬉しいことですが、ビジネスでもFacebookを利用しているという方やメッセージを全て返すのは少し面倒と感じている方は「Facebookに登録した誕生日を非表示にする」という方法をとると良いでしょう。

今回は、Facebookの誕生日を非表示にする方法についてまとめてみました。

Facebookの誕生日を非表示にする方法

1-1

自分のプロフィールを表示させるため、上部にある「自分のアイコンと名前」をクリックしましょう。

1-2

プロフィールが表示されますので、「基本データ」をクリックしましょう。

1-3

基本データの中には様々なメニューがありますので、左側から「連絡先と基本データ」をクリックしましょう。右側に詳細が表示されます。

誕生日の横に表示されている「編集」ボタンをクリックします。

1-4

すると、「人型」マークが表示されます。こちらをクリックすると公開範囲を選ぶことが出来ます。

・公開
Facebook全体に公開されます。

・友達の友達
自分の友達の友達まで誕生日を見ることが出来ます。さらにその友達や他人は誕生日は見ることが出来ません。

・友達
自分と直接繋がっている友達のみ誕生日を見ることが出来ます。

・自分のみ
自分以外は誕生日を見ることは出来ません。

・カスタム
共有範囲を細かく設定することが出来ます。情報をシェアしたくない相手を個別に選ぶことが出来ます。

誰にも見せたくない場合は、「自分のみ」に設定することで、自分以外には誕生日を非表示にすることが可能です。自分のみに設定した後は、「変更を保存」ボタンをクリックして確定しましょう。

まとめ

Facebookの誕生日の設定は、「自分のみ」にすることで他の人からは見えない状態にすることが出来ます。元々登録をしないという手もありますが、登録をした後に非表示にしたいと思った時にはこの方法を試してみてください。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)