Twitterでハッシュタグを活用する方法

Twitterは、140文字で好きなことをつぶやくことができるサービスで今や芸能人から一般の人まで誰もが使っているインターネットのツールです。個人で利用している人が多いですが、企業の公式Twitterというのも多くなりつつあります。

企業の公式Twitterで重要なのは、「アクセスを増やすこと」です。Twitterを使ってアクセスを増やすには「ハッシュタグ」を活用するのが一番です。

今回は、Twitterでハッシュタグを活用する方法についてご紹介致します。

ハッシュタグとは

1-1

ハッシュタグとは、キーワードの前に「#」(半角)をつけてクリック可能なタグにする機能のことを指します。ハッシュタグを付けると、そのハッシュタグをクリックすることが出来、同じハッシュタグを付けている投稿を確認することが出来ます。

Twitterのハッシュタグの活用方法

企業の投稿にハッシュタグを付けるメリットは、大きく分けて2つです。

1. 関連している投稿を探すことが出来る。

企業の投稿で多いのが「プレゼントキャンペーン」です。ハッシュタグを付けて投稿するだけ、ツイートをリツイートするだけといった様な内容が多いでしょう。

投稿に反応するユーザーが多ければ多いほど、関連する投稿を探すのは困難になります。しかしハッシュタグを付けることで、そのハッシュタグがついている投稿を全て確認することが出来ます。

ユーザーがどの様な反応をしているのかを簡単に見ることが出来るでしょう。

2. 人の目に触れやすくなる。

ハッシュタグがついている投稿というのは、何もついていない投稿に比べて人の目に触れやすいと言われています。特に、投稿が増え人気のあるハッシュタグになると、「トレンド」にランクインされTwitterの左側にハッシュタグが表示されるようになります。

他人が利用している「ハッシュタグをチェックする」というユーザーも多く、そのハッシュタグを使って自分も投稿するというユーザーも一定数いるという調査結果が出ています。

つまり、ハッシュタグをうまく使うことで、多くの人の目に触れやすくなるということが言えるでしょう。

まとめ

ハッシュタグというのは、おもしろいネタや時事ネタなどが投稿されることが多いのですが企業がプロモーションとして利用していることも多くあります。ハッシュタグを活用して、人に見られる投稿をしてみましょう。


イベント