3月の時候挨拶、書き出し例

3月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。 大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

月の季節の挨拶・手紙の書き出し

3月の時候には「早春の候、春暖の候、春分の候、浅春の候、春寒の候、浅暖の候、軽暖の候、迎梅の候、萌芽の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例「早春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 」

3月の時候挨拶文

・春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、いかがお過ごしですか。

・桃の節句も過ぎ、ようやく春らしくなってきましたが…。

・花便りが聞かれる季節になりましたね…。

・草餅の味覚を楽しめる季節を迎え…。

・木々が芽吹き始め、春がすみの日が多くなってきましたが…。

・春の日ざしに、揚げひばりの声も聞かれるころとなりましたが…。

使いたい季語の例

桃の節句 花便り 草餅 木々の芽吹き 揚げひばり 春霞 など

まとめ

3月は「春の到来」を挨拶に使います。春が来て心身共に活動的になり、楽しく明るい雰囲気が、情景に浮かびます。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。