4月の時候挨拶、書き出し例

4月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

4月の季節の挨拶・手紙の書き出し

4月の時候には「春暖の候、陽春の候、春和の候、花冷えの候、桜花の候、春爛漫の候、軽暖の候、麗春の候、春日の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では、時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例「春暖の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

4月の時候挨拶文

・桜の便りが次々に聞かれるこの折、お変わりなくお過ごしでしょうか。

・春風の心地よい季節になりましたが…。

・春爛漫の好季節を迎え、毎日お元気でご活躍のことと存じます。

・春はたけなわ…。

・春眠暁を覚えずと申しますが…。

・お花見にはもういらっしゃいましたでしょうか。

・桜花も散り葉桜に変わり、春本の季節にとなりました。

・タンポポやつつじの花がいっせいに咲き始めましたが…。

・ゴールデンウィークも間近に迫り…。

・小鳥の音色もひときわ美しくなる今日此の頃…。

使いたい季語の例

花見 葉桜 春たけなわ タンポポ つつじ 春雨 小鳥の音色 など

まとめ

4月は「春爛漫の様子」「始まりの季節」を強調して、挨拶に使う事が多いです。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square