MacのSafariが文字化けしたときの対処法

Safariは滅多に文字化けしたりしないのですが、ときには文字化けしてしまうこともあります。ここでは、文字化けしたときの対処法をご説明します。

文字化けの原因

ホームページが文字化けするのは、ホームページが宣言している文字コードと実際の文字コードが一致しない場合や、転送途中でノイズが入ってしまう場合などに、化けてしまうようです。

image1606181425

テキストエンコーディングを変更

それでは、実際に文字化けを解消しましょう。「表示」>「テキストエンコーディング」とメニューをたどります。標準では「デフォルト」になっているはずです。これが違うところになっていたら、まず最初にデフォルトに変えてみましょう。

image1606182009

これでうまくいかない場合は、テキストエンコーディングをUTF-8、Shift-JISなどに変えてみます。日本語と表示されているところに変えてみると、文字化けは直るでしょう。

まとめ

Safariの文字コード判定はかなり優秀ですので、テキストエンコーディングをデフォルトにしておくだけで、文字化けはほとんど出てきません。海外のホームページが化けてしまった場合は、その国の言葉を選択することで直るでしょう。ページの一部分が文字化けしていることがたまにありますが、これはホームページ側に問題があることが多いので、ホームページが復旧するのを待ちましょう。

また、Web ページでテキストが正しく表示されないことが頻繁にある場合は、「Safari」>「環境設定」と選択し、「詳細」をクリックして、デフォルトのテキストエンコーディングを変更しておきましょう。