MacのSafariで使える便利なキーボードショートカットまとめ

Safariには多くのキーボードショートカットキーが割り当てられています。これらのキーを使うことで、マウスやトラックパッドに手を伸ばすことなく、ウェブを行き来することができます。

一覧表形式でまとめてみましたので、ご覧下さい。

Safariのショートカットキーまとめ

Command(⌘)系列

⌘+「A」すべてを選択
⌘+「C」クリップボードにコピー
⌘+「D」現在のウェブページをブックマークに追加
⌘+「E」選択した文字列を検索に使用する
⌘+「F」ウェブページ内を検索
⌘+「G」次を検索
⌘+「H」Safariを隠す
⌘+「I」メールを立ち上げる
⌘+「J」選択した部分にジャンプして移動
⌘+「L」アドレスバーにカーソルを移動
⌘+「M」Dockにしまう
⌘+「N」新規ウインドウを開く
⌘+「O」ファイルを開く
⌘+「P」プリント
⌘+「Q」Safariを終了
⌘+「R」Webページをリロード
⌘+「S」ウェブページを保存
⌘+「T」新規タブを開く
⌘+「V」ペースト
⌘+「W」タブ・ウインドウを閉じる
⌘+「X」カット
⌘+「Z」取り消す
⌘+「+」表示を拡大
⌘+「−」表示を縮小
⌘+「0」表示を標準の大きさに戻す
⌘+「/」ステータスバーの表示・非表示
⌘+「|」全てのタブを表示
⌘+「:」(フォーム)スペルチェック窓を表示
⌘+「;」(フォーム)スペルチェックを実行
⌘+「 , 」環境設定を表示
⌘+「?」ヘルプを表示
⌘+「[」履歴を一つ戻る
⌘+「]」履歴を一つ進む

Command(⌘)+Shift系列

⌘+「Shift」+「A」フォームに自動入力
⌘+「Shift」+「B」ブックマークバーを表示/非表示
⌘+「Shift」+「D」リーデングリストに追加
⌘+「Shift」+「F」ページ内検索窓を非表示にする
⌘+「Shift」+「G」逆方向に検索
⌘+「Shift」+「H」設定されているホームページに移動
⌘+「Shift」+「I」メールを起動
⌘+「Shift」+「N」ブックマークにフォルダを追加
⌘+「Shift」+「S」ウェブページを保存
⌘+「Shift」+「W」全てのタブを閉じる
⌘+「Shift」+「Z」やり直す

Command(⌘)+Option(⌥)系列

⌘+⌥+「B」ブックマークを表示・非表示
⌘+⌥+「D」Dockを表示・非表示
⌘+⌥+「F」アドレスバーにカーソルを移動
⌘+⌥+「H」Safari以外を隠す
⌘+⌥+「M」SafariをDockに収納
⌘+⌥+「S」SnapBackで検索結果に戻る
⌘+⌥+「W」すべてのウインドウを閉じる
⌘+⌥+「1」〜「9」お気に入りのn番目を表示

Command(⌘)+Control()系列

⌘+⌃+「F」フルスクリーン表示・ウィンドウ表示切替
⌘+⌃+「1」ブックマークサイドバーを表示
⌘+⌃+「2」リーデングリストサイドバーを表示
⌘+⌃+「3」共有リンクサイドバーを表示

Control()系列

⌃+「Shift」+「TAB」次のタブを表示
⌃+「TAB」前のタブを表示

まとめ

ショートカットキーは全て覚える必要はありません。自分が必要と思うものを何度か使っていると、自然に覚えてくるものです。特にブラウザは使用頻度も高いでしょうから、何度か調べて使っていると覚えてしまうはずです。ショートカットを使いこなして、快適なブラウジングをしましょう!