MacのSafariの「ブックマーク」と「お気に入り」の違い

Safariにはブックマークメニューの中に「お気に入り」という項目があります。ブックマークとお気に入り違いについて考えてみたいと思います。

「お気に入り」の役割

ショートカットキーの割り当て

「お気に入り」には他のブックマークとは少し違う役割があります。一つは、お気に入りの最初の9つにはショートカットキーが割り当てられることです。

image1606221522

Option+Command+1〜9の9つのショートカットキーはお気に入りの最初の9つに割り当てられています。これは、上手に使うと便利ですよね。マウスに手を伸ばすことなく、目的のホームページに飛ぶことができます。

順番を変えれば、当然割り当ても変わります。よく使うホームページがあるのなら、この9つに入れておくのがいいと思います。

検索のときに表示

image1606221532

検索フィールドにカーソルを置くと、このようにお気に入りが表示されます。上の表示では9つだけですが、「お気に入り」に入れておけば、画面からあふれるまで表示できます。ショートカットキーの割り当てよりはワンクッションはいりますが、これも十分素早い選択が可能です。

お気に入りバーの表示

検索フィールドの下に、お気に入りバーを表示することができます。

表示>お気に入りバーを表示

image1606221548

image1606221547

上の図を見てもらうと(ちょっと細かいですが)わかると思いますが、「お気に入り」がズラッと表示されます。これをクリックするだけで目的のページに飛べるわけです。マウスやトラックパッドのみで(それもワンクリックで)目的のサイトに飛べるのは便利ですね。

まとめ

このように、「お気に入り」には特殊な機能が用意されています。特にショートカットキーの割り当てがされる9つのサイトは、いつでもワンタッチで飛べるようになっています。ここには自分の本当のお気に入りを割り当てるべきでしょう。

ブックマークの中の「お気に入り」というフォルダ(管理画面上は位置を変えられないフォルダと同じような扱い)があって、他のフォルダとは違う機能を持っていると思えばいいわけです。

「お気に入り」の機能を上手に使って快適なWebサーフィンをしましょう。