MacのSafariの「リーディングリスト」機能とは? 解説と使い方

Safariにはリーディングリストと呼ばれる、「あとで読む」機能がついています。iPhoneとの連携により、Mac/iPhoneで同じリーディングリストを使うことができます。

大変便利な機能ですので、使い方をご紹介します。

リーディングリストの使い方

Macでの使い方

image1606251226

上図のようにリーディングリストに追加という項目があります。眼鏡を模したようなアイコンがリーディングリストで、ここに今見ていたサイトが登録されます。iCloudでSafariを共有対象にしておくと、iPhoneでもこのリーディングリストを見ることができます。

iPhoneでの使い方

image1606251259

ページ下に表示される開いた本のアイコンを選択し、眼鏡のアイコンをクリックするとリーディングリストが現れます。

iPhoneで見るときに便利なのは、リーディングリストがネットワークに依存しないように保存されている点です。つまり、圏外でも見ることができます。Wi-Fi環境や4G LTEの環境が不安定であっても、リーディングリストに一度保存されれば見ることができる。これはかなり便利です。

共有の仕方については、MacのSafariでブックマークを同期する方法を参照して下さい。

まとめ

Safari純正で用意されているリーディングリスト機能について解説しました。さすがに純正と言うだけあって、iPhoneとの連携も便利です。

この機能を活用できると、電波状態が悪いところにいってもじっくり楽しめます。有効に活用して楽しみましょう。