MacのSafariのクッキーを削除する方法

Cookieというのは、サイトを訪れた回数や、サイトにまつわるデータを保管しておく仕組みのことをいいます。このデータは、Mac上の比較的アクセスしにくいところに保管されますので、削除しにくくなっています。

SafariのCookieを削除する方法を説明したいと思います。

Cookieを削除する方法

全てのCookieを削除する

image160624152206

Safari>環境設定⋯

とたどって、「プライバシー」をクリック。「全ての Web サイトデータを削除...」をクリックします。「今すぐ削除」のボタンを押せば全てのCookieが削除されます。

選択して削除

全てを削除する手順と同じ「プライバシー」タブで、「詳細⋯」ボタンを押します。

image1606241525

このような画面になります。検索フィールドにサイトの数文字を入れると絞り込まれますので、削除したいサイトを選択して、削除ボタンを押します。自分が必要としないサイトのみを選択して削除できます。

まとめ

Cookieがたくさんたまってしまうと、Safariの動作が遅くなったりするともいわれます。ユーザーを特定するためにCookieが使われたりしますので、ログインが必要なサイトなどではログアウトされていたりすることもあります。

Cookieは必ずしも悪というわけではなく、ブラウザを便利に使うためには不可欠のものです。Safariは標準でユーザーがアクセスしたサイトのCookieは受け入れるようになっています。全てのクッキーを拒否する設定にもできますので、自分で選択して下さい。