MacのSafariの「よく閲覧するサイト」を非表示にする方法

Safariを開くと、「よく閲覧するサイト」というのが表示されます。みんなで使っているMacなどだと、この表示が邪魔になることも多いと思います。そこで、よく閲覧するサイトを削除する方法を説明したいと思います。

簡単なので、必要なサイトを残して不要なサイトは削除してしまいましょう。

削除のための手順

表示させる 

まずは、「よく閲覧するサイト」を表示させます。新しいウィンドウもしくはタブを開きます。その時に、ウィンドウの右上を注目して下さい。

image1606181917

星のマークにすると、お気に入りとよく閲覧するサイトがでてきます。もう一方のアイコンをクリックすると、トップサイトが表示されます。

削除する

不必要な「よく閲覧するサイト」を選び、Drag&Dropでウィンドウの外へ出してマウスを放します。サイトが煙のアニメーションとともに削除されるのがわかると思います。動画でも見てみましょう。

動画では下の青い部分が、デスクトップになります。ここにDrag&Dropすると削除されます。

まとめ

動画で見れば簡単ですね。「よく閲覧するサイト」だけでなく、「トップサイト」も、「お気に入り」も同様にDrag&Dropしてみましょう。これも簡単に削除できます。ただし、「よく閲覧するサイト」から削除してしまうと元に戻すことができないので注意しましょう。

このように、直感的に作業できるのがMacの良いところですね。Safariも同様に直感的な作業でできることが分かっていただけたと思います。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)