MacのSafariを初期状態にリセットする方法

Safariの調子が悪いので初期状態にしたい、そんなことがあるかもしれません。Safariを完全に初期状態にするにはいくつかのステップを踏む必要があります。順番に解説していきます。

リセットまでのステップ

履歴・拡張機能の削除

履歴>履歴を消去⋯

image1606191340

全ての履歴を消去します。

また、機能拡張を削除します。

Safari>環境設定⋯>機能拡張

image1606191343

全ての機能拡張をアンインストール(削除)します。

初期設定ファイルの削除

次に、Safariの各種設定が収められている初期設定ファイル(.plist)を削除します。

  1. まず、Safariを終了させます。
  2. FinderでOptionキーを押しながら「移動」メニューをクリックし、ライブラリフォルダを表示させます。
  3. ライブラリフォルダの中から「Preference」フォルダを探します。
  4. 「Preference」フォルダの中から、「com.apple.Safari.plist」というファイルを探します。
  5. 「com.apple.Safari.plist」を削除します。

image1606191336

以上の操作で、Safariはほぼ初期状態になりました。再度立ち上げてみるとこんな感じになっているはずです。

image1606191347

まとめ

.plistファイルをいじったりするため、少々難しい操作になりますが、Safariはほぼ初期状態になりました。

実は上記手順にブックマーク・お気に入りを削除する手段を入れていないので、お気に入りなどはそのまま残っています。SafariはOSXと密接に絡んでいるアプリなので、本当の意味での初期化のためには、OSXを再インストールする方法がとられます。

しかし、上記の手順で行えば、ほとんど初期状態に戻りますので、試してみて下さい。