5月の時候挨拶、書き出し例

5月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

5月の季節の挨拶・手紙の書き出し

5月の時候には「新緑の候、葉桜の候、若葉の候、緑風の候、初夏の候、立夏の候、晩春の候、暮春の候、晩春初夏の候、薫風の候、惜春の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では、時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例「新緑の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

大切な方への時候の挨拶文例

・新緑のみぎりでございますが、いかがお過ごしですか。

・青葉が繁る好季節を迎え…。

・5月の風に鯉のぼりがたなびく頃…。

・あせばむ季節、心はすでに夏の到来を待ちわびております。

・八十八夜も過ぎ、夏の訪れを感じるころとなりました。

・暦の上では夏ですが…。

・風薫る五月、鯉のぼりが勢いよくひるがえる季節になりましたが…。

・新茶のおいしい季節となりました。

・藤棚の花もゆらゆらゆれて…。

・梅雨の走りともいわれ、雨がよく降るようになりましたが…。

使いたい季語の例

青葉 若葉 カーネーション 八十八夜 鯉のぼり 新茶 ツバメ 藤棚 など

まとめ

5月は初夏の気配や行事を盛り込んで、5月のさわやかさを表現しています。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。