6月の時候挨拶、書き出し例

6月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

6月の季節の挨拶・手紙の書き出し

6月の時候には「初夏の候、桜桃の候、向暑の候、薄暑の候、小夏の候、入梅の候、梅雨の候、夏至の候、霖雨の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例「初夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

6月の時候挨拶文例

・梅雨前線が近づいてきましたが、いかがお過ごしですか。

・梅雨のうっとうしい季節となりました。

・雨の庭をあじさいが、彩る今日この頃…。

・空梅雨で、水不足が心配されますが…。

・山々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。

・梅雨期に入り、気の滅入るような今日このごろ…。

・梅雨寒ながら、吹く風には夏の匂いを感じる今日このごろ…。

・すがすがしい初夏の季節となりました。

使いたい季語の例

梅雨 紫陽花 雨 田植え 初夏 など

まとめ

6月は梅雨の時期ですが時候はすでに初夏です。他の月と比べ、梅雨 初夏を含んだものが多く、比較的迷わずに表現できそうです。梅雨の印象は、人それぞれに違います。文例を参考に、自身の梅雨、初夏を表現してみましょう。