7月の時候挨拶、書き出し例

7月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

7月の季節の挨拶・手紙の書き出し

7月の時候には「盛夏の候、炎暑の候、大暑の候、酷暑の候、極暑の候、猛暑の候、灼熱の候、三伏の候、仲夏の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例「盛夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

7月の時候挨拶文例

・暑中お見舞い申し上げます。お変わりなくお過ごしでしょうか。

・長かった梅雨もようやく明け、猛暑の頃となりますが…。

・西日の強さが段々と増してきましたが…。

・色とりどりの七夕に、夏の訪れを感じる今日この頃…。

・いよいよ夏の到来を迎え…。

・蝉の声が聞こえる季節となりましたが…。

・早いものであっという間に一学期が終わり、夏休みに入りました。

・長かった梅雨も明け、本格的な夏を迎えましたが…。

使いたい季語の例

七夕 蝉の声 梅雨明け 盆踊り 朝顔 梅雨明け など

まとめ

「猛暑」や「酷暑」などの時候は8月と思われる方が多いですが、7月の時候です。暑さの表現もいろいろありますが、ご自身の夏の挨拶を選んでみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square