ビジネスにおける年末の挨拶文例

一年の締めくくりに、感謝の言葉をおくることはビジネスにおいて大切なことの一つです。年末が近づくと仕事の追い込みで忙しい時期ですが、来年の仕事も円滑に進めるためにも挨拶メールを送るようにしましょう。

年末の挨拶メールを送る時期

年末の挨拶メールは、仕事納めの一週間前を目安にしましょう。年内出勤最終日にメールを送っては、気付かれない可能性がありますし、あまり早くても時期外れに感じられますので気をつけましょう。

年末の挨拶メールに書くべき内容

年末の挨拶メールには「年末の挨拶とお礼」「年末年始のスケジュール」を記載する必要があります。仕事によっては、緊急連絡先を書いておくと良いでしょう。上記の内容だけですと、業務的で冷たい印象を与えますので、「業務報告」や「来年の抱負」、今年中に取引をした仕事内容」などについて記載があると、読み手に好印象が残るでしょう。

書く順番としては、「年末の挨拶とお礼」「年末年始のスケジュール」「締めの挨拶」となります。

誤記がないか確認をする

当たり前のことではありますが、せっかくの挨拶メールに誤記があると印象が台無しになってしまいます。会社名、役職、名前などは特に念入りに見直しをするようにしましょう。

新年の挨拶文例

株式会社〇〇    

〇〇部  〇〇〇〇様

いつも大変お世話になっております。

株式会社〇〇の〇〇です。

本年も格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申し上げます。

(ここに取引先との業務内容などを記載)

来年も、より一層の努力をしてまいりますので、今後ともご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

なお、弊社の休業予定は以下の通りです。

年末年始休業:12月〇〇日〜1月◯日

新年業務開始:1月◯日 9:00より

緊急のことがありましたら、〇〇〇〇◯へお問い合わせください。

時節柄、ご多忙のことと存じますが、お風邪などをひかぬようご自愛ください。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

新年もよろしくお願いいたします。

署名


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)