応接室における上座と下座

会社で来客があったとき、応接室に案内します。そのとき、お客さまをどのような席順で案内するのが適切なのでしょうか。上座と下座の区別はどのようにつけるのでしょうか。今回は、応接室の上座と下座についてご説明します。

入り口から最も遠い席が上座

一番目上の方は、入り口から最も遠い席に案内しましょう。しかし、二人掛けソファーがある場合は、そちらのほうが上座になります。大きな窓があって展望が良い場所であれば、窓際の席が上座になります。反対に、下座は入り口に一番近い場所になります。新入社員はここに座るべきでしょう。入り口に遠くなるにつれて上座になるので、迎える側の人たちの席順も考えておきましょう。

応接室

このように、上座は応接室の作りによって変動するので、前もって応接室の形を確認し、どこが上座なのか覚えておくといいでしょう。

人数が多い場合は真ん中が一番上座

お客さまの人数が3人以上のときは、真ん中の席が上座になります。この場合でも下座は入り口に一番近い場所になるので、少しわかりにくい席順になります。間違えないように気を付けましょう。

まとめ

応接室の上座と下座について、理解いただけましたでしょうか。状況によって変わる部分が多いので、前もってどこが上座か調べておくと、スムーズに案内できるでしょう。目上の人を最優先、身内よりも外の人を上として扱う、というところがきちんと守れていれば、基本的には問題ないでしょう。

適切に上座・下座を判断して、きちんと評価される社員を目指したいですね。そのためにはきちんと応接室の上座を把握しておきましょう。