会議室における上座と下座

会社で働いていると、会議をする機会も多いでしょう。しかしこの会議の席順は、慣れていないとどこが上座なのかわかりません。座る場所を間違えないように、あらかじめ知っておきたいですね。今回は、会議室における上座と下座についてご説明します。これから新入社員となる人は、参考にしてみてください

議長席が上座

まず、議長席が一番の上座です。ここには会議の中で一番目上の人が座ります。そして役職が高い順に、議長席に近い席へ座っていきます。議長席から一番遠い場所が下座です。

議長席から同じくらい離れている席が二つある場合は、入り口から遠いほうが上座になります。また、役職が同じ方がいれば、年上の方に上座に座ってもらうのが一般的です。

議長席はどこ?

議長席は、コの字型の机だと真ん中の辺になります。お誕生日席と言うとわかりやすいでしょうか。

会議室

円形の机の場合は、入り口から遠い席が議長席、長方形の机の場合は、短い辺で入り口から遠い場所が議長席になります。この場合でも入り口に近いほうが下座ですので、新入社員の場合はそこに座りましょう。

kaigi

議長席は会議室が見渡しやすく、中心になって発言できるのがポイントです。

まとめ

会議室における上座と下座について、ご理解いただけましたでしょうか。これから会議に参加する新入社員は、意識してみてください。間違った席に座らないよう、気を付けましょう。上座と下座を心がけることで、より社会人らしいふるまいができます。