Gmailで自分のアカウントのログイン履歴を確認する方法

Gmailはパソコン、スマホ、タブレットなど、様々な機器から利用できる優れものです。しかし、便利ゆえに不正アクセスによる乗っ取り被害に遭ってしまわないかが心配です。

他人が自分のアカウントにログインしていないか履歴を確認する「アクティビティ」という方法があります。今回は確認方法の手順を紹介いたします。

ログイン履歴を確認する方法

まずは普段どおりにGmailへログインしましょう。

画面の右下に「アカウント アクティビティの詳細」という文字があります。このリンクをクリックしてください。

01

すると新しいウィンドウが開いて「このアカウントのアクティビティ」という情報が出てきます。「最近のアクティビティ」という表は最大で10件までGmailへログインした最新の記録が表示されています。

この記録をチェックすることで不正にアクセスされていないか確認できる仕組みです。

「アクセスタイプ」、「ロケーション(IPアドレス)」、「日時」に不審な点がないかチェックしましょう。まず注目したいのは「ロケーション」部分に行った覚えのない外国の国名がないかという点です。

また、「IPアドレス」が短時間の間で頻繁に変化していないか、という点も確認すると良いでしょう。

02

確認する頻度について

最大で10件までしか確認できないことを考えると、ログインを頻繁に行う人は記録が流れてしまうのも速いということになります。しかし、不正アクセスされていないかマメに確認するのは大変ですので現実的ではありません。

Googleには警告機能があるので、もし警告が表示されたらアクティビティを確認する、という頻度のチェックで基本的には問題ありません。

また、身に覚えのない設定変更が行われている、など違和感を感じたときにもアクティビティを確認したほうがいいでしょう。

まとめ

もし確認したアクティビティ記録に怪しい形跡があった場合や不安な場合は、速やかにログインパスワードを変更しましょう。

その場合、なるべく長めで複雑なパスワードにすることが望ましいです。また、端末そのもののセキュリティ対策も改めて見直しておきましょう。