「社長”様”」は間違い!?正しい敬称のつけ方

敬称とは、相手に対する敬意を表す言葉のことです。代表的な物に「様・殿・さん・御中・各位」等がありますが、それぞれ使い方が異なります。それでは改めて敬称の用法について確認していきましょう。

個人に対して使用する敬称

最も一般的に使用されている「様・さん」

年齢や性別、役職などを問わず使用することができるので広く一般的に使われています。また話し言葉・書き言葉共に用いられています。

※「殿」は主に書き言葉で用いられる語で、官公庁や企業の発行文書等に使用されています。一方で目下または同格の相手に対して使用するものと見なされることもあるためビジネスシーンでは「様」に統一した方が無難です。

役職名には敬称の意味が込められている

「社長・専務・部長・課長」等の役職名には元々敬称としての役割もあります。社内で役職者の方とお話しする場合は「○○社長様」等と呼ぶと二重敬語となり誤った用法となってしまいます。正しくは「○○社長」と役職名までをお呼びするようにしましょう。

一方、社外の人に社内の人間についてお話しする場合はへり下った表現にしなくてはならないので、誤って身内に敬称を付けないよう注意しましょう。「○○部長は~」ではなく「○○は~」と呼び捨てにするのが適切ですが、どうしても抵抗感がある場合は「部長の○○は~」と、役職名を先頭に持ってくるようにすれば問題ありません。

複数名に対して使用する敬称

会社や学校・役所などの組織や団体へ宛てる場合は「御中」を用います。例えば、役所への届け出等担当者名は分からないけれど書類を発送するような場合等に使用します。また、担当者が複数名存在するような場合は「各位」を使用します。こちらはビジネスの連絡メールや案内状などで「関係者各位」「保護者各位」と言う風に記します。

まとめ

敬称はビジネスの電話応対やメールで頻繁に使用するものですが、使い分けに悩むことも多々あるかと思います。それぞれの使い方を確認してちょっとした一言で先方の気分を害さないよう注意しましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square