名刺の扱い方と管理法

ビジネスマンになって名刺を持つ方は多いと思います。ぞんざいに扱ってはいませんか? 自分のものであれ、相手のものであれ、名刺を丁寧に扱わないのは失礼になります。今回は名刺の扱い方と、基本的な管理法をお教えいたします。

めいし

名刺は丁寧に扱おう

名刺を扱ううえで一番重要なことは、「丁寧に扱うこと」です。

たとえば、名刺を片手で出そうとすると、いかにもいいかげんな印象を持たれてしまいます。相手の名刺だけではなく、自分の名刺もきちんと両手で持ちましょう。持つときは文字が指で隠れないように、空白の部分を持ちましょう。

そして、名刺を持つは胸の前で名刺を持ちましょう。下した手に名刺を持つとだらしなく見えます。

名刺入れは必須!

名刺入れを常に持ち歩き、相手の名刺も自分の名刺もきれいに保存できるようにしましょう。汚れた名刺を渡すようなことはもってのほかです。

いただいた名刺と自分の名刺を分けられるタイプの名刺入れだと、中身が混ざらなくて便利です。名刺は切らさないように多めに持ち歩きましょう。

名刺入れも見られていますので、派手なものや汚れたものは使わないようにしましょう。

まとめ

名刺の扱い方と、その管理法について、理解いただけましたでしょうか。名刺はビジネスにおける自己紹介において重要な意味を持ちます。相手に失礼にならないように、なるべく丁寧に扱いましょう。

きちんと管理することで、デキるビジネスマンを演出したいですね。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square