8月の時候挨拶、書き出し例

8月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

8月の季節の挨拶・手紙の書き出し

8月の時候には「残暑の候、晩夏の候、残夏の候、暮夏の候、秋暑の候、早涼の候、初秋の候、立秋の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例「残暑の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

8月の時候挨拶文例

・真夏日が続いていますが、いかがお過ごしですか。

・一段と緑が濃くなるこの頃…。

・熱帯夜が続いておりますが、お体は大丈夫でしょうか…。

・残暑さ厳しき折…。

・残暑お見舞い申し上げます…。

・猛暑の毎日、夕立を心待ちにするこの頃…。

・立秋とは名ばかりの暑い日がつづいておりますが…。

・暦の上では秋を迎えましたが、当分は猛暑の日が続きそうです。

・海には土用波が立ち始め、夏も終わりを迎えようとしていますが…。

・暑さも峠を越えたようで、朝夕の風に秋の気配を感じるようになりましたが…。

・朝夕は、虫の音が聞こえるようになりましたが…。

使いたい季語の例

熱帯夜 残暑 夕立 立秋 土用波 秋の気配 ひぐらし 虫 など

立秋は8月7日、土用波は立秋直前に起こる波、ひぐらしは秋に泣く蝉の事です。7日以降は残暑見舞いを書いてもいいでしょう。

まとめ

8月は残暑、初秋と暦の上ではとらえています。最近は、気候変動が著しく暦どおりの気候ではなくなりつつあります。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。


イベント