9月の時候挨拶、書き出し例

9月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

9月の季節の挨拶・手紙の書き出し

9月の時候には「初秋の候、早秋の候、新秋の候、新涼の候、清涼の候、爽涼の候、爽秋の候、秋涼の候、涼風の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例 「初秋の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

9月の時候挨拶文

・暑さはまだまだ厳しい毎日ですが、いかがおすごしでしょうか。

・暑さもいくらか和らいできましたが…。

・長い酷暑もようやく一段落つきましたが…。

・朝夕はめっきり涼しく、過ごしやすくなりましたが、お変わりございませんか。

・空はうろこ雲の情景に心なごむ季節です。

・すがすがしい秋晴れがつづく昨今ですが…。

・日増しに秋の深まりを感じるころとなりました…。

・暑さ寒さも彼岸までと申します…。

・赤とんぼが群れ飛ぶ季節になりましたが…。

・十五夜は家族でお月見を楽しみました…。

・コスモスが秋風にゆれる頃となりましたが…。

・天高く馬肥ゆる秋…。

・空が高くなり、白い雲がたなびく季節になりましたが…。

使いたい季語の例

秋風 秋晴れ 稲 うろこ雲 十五夜 月 コスモス  など

秋の季語は、すがすがしさを感じます。

まとめ

9月は秋のさわやかなイメージを時候の挨拶に使います。お便りをするのには、一番良い季節です。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)