Google Chromeのキャッシュが保存されている場所の確認方法

Chromeではインターネットへのアクセスを高速化するため、データを記憶しておく機能が備わっており、これをキャッシュと読んでいます。しかし、繰り返し利用していると一時データはどんどん蓄積していってしまうので、定期的に削除したりするのですが、そのキャッシュとは一体どこに入っているのでしょうか?

今回はGoogle Chromeのキャッシュが保存されている場所の確認方法についてご紹介します。

キャッシュの保存場所

メインのハードドライブのユーザーフォルダの中に格納されている事がほとんどかと思います。パスで言うと「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache」がそうです(Windowsの例です)。「ユーザー名」の部分を書き換えてエクスプローラバーに貼り付けで開く事も出来ます。

実際にCacheのフォルダ開いた状態です。

google キャッシュ保存2

この中身のフォルダ全てがキャッシュになりますので、Chrome側から閲覧履歴やCookieなどを消去するとこちらのフォルダの中身も変化します。

ウェブ上のどのサイトから取得したキャッシュなのかを確認する事も可能です。Chromeのアドレスバーに「chrome://cache/」と入力します。すると下記のようなURLの一覧が出てきます。

キャッシュの中身との照らし合わせまでは出来ませんので、どのファイルがどこから取得したものまでの判別は不可能となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?普段はあまり確認することのないフォルダかと思いますが、開けてみると意外と容量が多い事に驚かされます。快適に使える様にChrome側でそれだけのキャッシュをため込んでいるという事ですね。動作が重たくなってしまう事もあるので、定期的に中身はクリアしておくことをオススメします。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)

購読

平日・毎朝更新中