Google Chromeの便利な起動オプションまとめ

起動オプションをご存じでしょうか?Google Chrome を起動した時。例えば最初からシークレットモードで起動できるといった、起動時に通常とは異なった条件で起動する事が出来るようになる機能の事です。今回はWindowsでのChromeで起動できるオプションのいくつかと、その追加方法について紹介させていただきます。

起動オプションの追加の仕方

Chromeのアイコンの上で右クリックして「オプション」を選んでください。
google 起動オプション

Chromeのプロパティが開きますので、ショートカットタブを開いてリンク先を見てください。
フォルダ名の後ろに「Chrome.exe」 と入っていると思います。オプションをつける場合はこの後ろに半角スペースを入れてからコマンドを入力します。

起動オプションの一覧

「--incognito」シークレットモードで起動する
「--disable-background-mode」バックグラウンドモードを無効にする
「--disable-javascript」JavaScriptを無効にする
「--disable-java」Javaを無効にする
「--disable-plugins」プラグインを無効にする
「--gpu-startup-dialog」GPUプロセスが起動するときにダイアログを表示
「--show-app-list」Chrome アプリ ランチャーを使用する
「--disable-extensions」全ての拡張機能を無効にする(テーマは例外)

Chrome側で拡張機能を含めて便利なツールを開発している事から、中には廃止になって使えなくなるものも出てきています。拡張機能関連、プロセス、起動終了にいたるまで、様々なオプションが存在します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ブラウジング等ではあまり使わないテクニックですが覚えておくと便利かもしれません。上記説明でも触れておりますが、exeの後に半角スペースを入れないと機能しませんので、ご利用の際はお忘れなく!


イベント