ビジネスにおける携帯電話のマナー

近年、携帯電話はもはやビジネスには必須のツールであると言えます。しかし、手軽に利用できる一方でちょっとした油断がマナー違反につながる可能性もあります。

それでは、携帯電話のマナーについて確認していきましょう。

通話のマナー

外出先ではどこで誰が話を聞いているか分かりません。重要なことは極力携帯で話すことを避け、やむをえない場合は周囲に人がいないことを確認して声量を抑えて話すようにしましょう。

また、緊急の用件で取引先へ携帯電話にかけたものの、相手がそれに対応する余裕が無いということはよくあるものです。いきなり用件を切り出す前に「今お話ししても大丈夫でしょうか。」と一言断りを入れるようにしましょう。

その他の機能のマナー

会議や商談の最中に大きな音で着信音が鳴ると不快な気分になる人は少なくないものです。大事な話の前にはきちんと携帯電話の電源を切るか、マナーモードに設定しておきましょう。

そして、ほとんどの携帯にカメラ機能が付いていますが、使い方によっては会社の機密情報を漏らしてしまう可能性があるため取り扱いには十分注意しましょう。間違っても取引先で信用を損なわないようにみだりにカメラ機能を使用することは避けてください。

個人情報についてのマナー

ビジネスに限った事ではありませんが、たとえお客様から聞かれたとしても自分以外の携帯番号を教えることは良くありません。必要性がある場合は本人から折り返し連絡するように伝え、電話番号そのものを無断で伝えることは控えましょう。

まとめ

携帯電話は思い立ったらすぐに機能が使用できるという点が大きなメリットでもあるのですが、使いどころを間違えるとマナー違反となってしまうことがあります。携帯電話を使用する前に適切な状況かどうか一旦考える癖をつけるようにしましょう。