12月の時候挨拶、書き出し例

12月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

12月の季節の挨拶・手紙の書き出し

12月の時候には「師走の候、歳末の候、月迫の候、短日の候、寒冷の候、厳冬の候、初冬の候、霜寒の候、歳晩の候、初雪の候、寒気の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例「師走の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」

12月の時候挨拶文

・年内も残り少なくなりましたが、お元気でご活躍のことと存じます。

・年の瀬も迫り…。

・街並みのツリーが目を楽しませてくれる季頃になりました…。

・冬将軍の到来にも負けず、慌ただしい日々をお過ごしのことと思いますが…。

・暦の上では〝大雪〟、寒さはこれからが本番です。

・師走に入り、ご多忙な日々をお過ごしでしょう。

・今年も残りわずかとなり、一年あっというまに過ぎてしまいましたが…。

・年末とは思えないほどの暖冬が続き…。

・街はクリスマスソングが響きわたり、慌ただしさを感じる今日このごろ…。

・はや、松飾りが店頭を飾る頃…。

・一年を省みる事なく、歳末が暮れようとしていますが…。

・大そうじも終わり、正月の用意に取りかろうかと思っています…。

・本年も余白なく、やり残した事を後悔するこの頃…。

※ 大雪…旧暦でいうと12月7日頃の事です。

使いたい季語の例

冬将軍 ツリー 多忙 大雪 街の活気ある様子 大そうじ など

まとめ

12月は年末の忙しさを表した言葉が多く感じます。日常生活の慌しさ、一年の総決算で瞬く間に終わってしまったという印象を受けます。自身の生活をモチーフにして、挨拶文を考えてみてください。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。