11月の時候挨拶、書き出し例

11月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」が直ぐに思いつかない事があります。時候の挨拶に慣れると、知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

11月の季節の挨拶文

11月の時候には「深秋の候、暮秋の候、惜秋の候、霜秋の候、初霜の候、向寒の候、初雁の候、寒気の候、深冷の候、菊花の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例 「深秋の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

11月の時候挨拶文

・小春日和のやわらかな日が続いていますが…。

・朝夕は寒気が一段と身にしみるようになりましたが、お元気でいらっしゃいますか。

・夜の寒さが一段とこたえる澄み切った夜の空が広がる季節になりましたが…。

・冬が近づき、風のある日は寒さがしんしんと身にしむようになりましたが…。

・気がつけばめっきり日が短くなってきましたが…。

・立冬を過ぎて朝晩の冷え込みが身に染みるようになってきましたが…。

・日ごとに寒さもつのり…。

・一日に一日と秋が深まり、露寒の季節となりましたが…。

・菊の花のかんばしい季節を迎え…。

・あたたかな菊日和がうれしい昨今ですが…。

・近所の神社は七五三の家族づれで晴天に恵まれ大にぎわいでしたが…。

・冬の足音と共にこたつが恋しい季節となりましたが…。

・暦の上では、“小雪”となり、本格的な寒さを感じる季節に向かっていますが…。

・落ち葉が風に舞い何となく淋しさのつのる季節となりましたが…。

・七五三の祝い着姿の子たちが、嬉しそうに神社に詣でる姿に目を細める頃…。

・木枯らしが吹き始め、並木の枝にも冬の前触れを感じる頃…。

・吐く息の白さに、立冬いつのまにかが過ぎているのを実感しましたが…。

使いたい季語の例

日の短さ 立冬 落ち葉 菊 七五三 木枯らし 小雪 など

まとめ

11月は「冬がもうすぐ」という表現に変わります。冬支度の様子や行事を季節文に盛り込んで、挨拶文を考えてみてください。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square