職場関係の結婚式における服装のマナー

結婚式に呼ばれたら、「どんな服装で出席しようか?」と思案することは女性に限らず男性にとっても、大切な事です。新郎新婦との関係、自分の立場などを考慮し、セレモニーの雰囲気と新郎新婦を祝福するのに相応しい服装に気を付けたいものです。

新郎新婦との関係や地位をわきまえた服装を

職場関係の人として出席する場合は、新郎新婦との関係や地位にふさわしい身なりが必要です。場違いな服装で職場のイメージを損ねたり、セレモニーの雰囲気を壊しては新郎新婦の祝福になりません。最近は「平服で出席」の招待状も珍しくありませんが、「正装」は不要ですが「普段着」ではカジュアルすぎると考えた方が良いでしょう。

男性の服装

新郎新婦の上司、あるいは職場を代表する様な状況ではフォーマルに準じた略礼服がよいでしょう。職場の上司や同僚と一緒に出席する場合は、ダークスーツに白かシルバーグレーのネクタイを着用し、間違っても新郎より引き立つ服装は避けましょう。

靴はスニーカーやローファーなどカジュアルなものは避け、黒の革紐靴とします。上から下まで黒づくめになりますので、胸元の白のポケットチーフなどはおしゃれなアクセントとして好感が持たれます。

女性の服装

女性はパーティドレス、ワンピース、スーツアンサンブル、着物など華やかに着飾ることができます。しかし、新婦より目立たないこと、白以外の衣装とすること、肌は露出しすぎないこと、など基本的なマナーには気を配りましょう。

1.洋装

男性と異なり、黒一色の服装や黒の多用は「喪服」や「式場係」をイメージさせるので好まれません。肩や胸元が露出する場合は、ストールやショール、ボレロなどを持参し、覆うようにします。

ドレスやスカートの丈は長すぎても短かすぎても違和感があり、膝が隠れる長さがベストです。ファー(毛皮)やレザー(皮)など動物の「殺生」をイメージする装いは好まれません。

素足はいけませんので、ベージュのストッキングが無難です。黒いストッキング、黒を含めた厚手のカラータイツ、柄の入ったストッキング、網タイツ、ソックスなどは避けましょう。

履物はオープントゥのパンプス、サンダル、ミュール、あるいはブーツなどの足首が隠れるものは避けます。大きなバッグは避け小ぶりなクラッチバッグやパーティーバッグにします。

2.和装

着付けや髪のセットに手間がかかるので避けられがちですが、華やかな雰囲気になりますので、結婚式には相応しい選択です。既婚者と未婚者など基本的な着用のルールがあります。既婚者の場合は「色留袖」や「訪問着」が一般的です。未婚者の場合は「色留袖」、「小振袖」、「中振袖」、「訪問着」の何れも着用できます。

まとめ 

近年は、トラディショナルな媒酌人を伴う結婚式が減少し、形式も様々な結婚式に招待されます。

しかし、「新郎の職場の上司の服装は奇抜で下品」、「折角の料理が隣の参列者の香水がきつくて台無し」など、マナー違反から結婚式の雰囲気を壊してしまっては、新郎新婦の祝福になりません。結婚式はフォーマルなセレモニーと認識し、服装にも配慮しましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square