就任や栄転などを祝うときのマナー

就任や栄転の情報を知ったとき、密接な間柄や取引関係の場合、先方の就任祝いや栄転祝いをすることが、それまでに築き上げてきた人間関係を引き継ぐと共に、更に向上させる上で極めて大切です。先方に喜んでもらえるようにお祝いのマナーは心得ましょう。 

お祝いのタイミング

取引先の就任や栄転祝いにお祝いを贈る場合は、部署や役職名を間違えると失礼にあたるばかりでなく、折角の厚意が無駄になります。事前の情報で焦らずに、正式な辞令や発表を待って、公表後は一週間以内くらいのなるべく早いうちに、仏滅を避けて贈りましょう。

上司や同僚などの昇進や栄転祝いの場合は、周囲の同期の方の心境も配慮し、仲間内でお祝いの会を開いたり、間柄によっては個人的にお祝いを贈るのも良いでしょう。電話や手紙でお祝いの喜びを伝えることもできます。

お祝いの贈り物

就任や栄転はその人の功績が評価された結果ですから、祝福の言葉と共に贈りたいものです。喜ばれる贈り物としては、花や観葉植物、商品券、カタログギフト、ビジネスバッグ、デクス周りのアイテム、ベルト、ネクタイなどがあります。

反対に好ましくないものとして、靴下や靴、室内履き、下着など下に着けるものや壊れやすい品物(花瓶や食器など)が挙げられ、避けたほうが良いでしょう。 

贈り物の金額

相手の地位、関係、個人で贈る場合、所属のグループから贈る場合など、ケースバイケースですが、平均的には25,000円程度の様です。グループで贈る場合は一人あたり3,000~5,000円を集め、纏めて平均的な金額とすることが多いようです。 

まとめ

就任や栄転は新しいビジネス関係をつくる機会にもなります。新しく就任した人が過去の慣例を知らないことも往々にありますし、挨拶するタイミングを逃したためにその後の対応がギクシャクすることもあります。就任や栄転のお祝いは、日頃の感謝と敬意を込め、早々に贈りましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square