1月の時候挨拶、書き出し例

1月の時候の挨拶や書き出し例についての文例をご紹介します。大切な人への手紙やビジネス文書での挨拶文の「書き出し」がすぐに思いつかないときがあります。時候の挨拶に慣れると知識も深まり、相手の方に対する礼節や敬意も伝わりやすいです。

1月の季節の挨拶文

1月の時候には「初春の候、迎春の候、新春の候、寒冷の候、寒風の候、厳冬の候、厳寒の候、酷寒の候、極寒の候」などがあります。好きな時候を選んで使ってみましょう。

ビジネス文書では、時候の後に、相手の方(個人や会社)に対しての敬意を表す文を繋げます。

例 「初春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」

1月の時候挨拶文

・ご家族でお元気で新年をお迎えのことと存じます。いかがお過ごしでしょうか。

・あけましておめでとうございます…。

・初春とはいえ、厳しい寒さの中…。

・お正月気分から、なかなか抜け出せない今日この頃…。

・星空は澄み渡り、寒風が身にしみる季節です…。

・寒さがいっそう厳しく感じられます。

・松の内のおだやかな天気が続いています。

・福寿草が花をさし、今年もいよいよ始まりました。

・例年になく、あたたかな寒の入りとなりましたが…。

・大寒の言葉にふさわしく、厳しい寒さとなりました。

使いたい季語の例

初春 お正月 七草粥 松の内 福寿草 寒の入り 大寒など

まとめ

1月は年の始め、暦の上では大寒です。寒さの厳しい様子や、おめでたい言葉で相手の方の一年間の幸せを願うような、挨拶文を考えてみてください。相手の方を思いやり、その時に見合った時候の挨拶を選んでみましょう。


イベント