Facebookで「友達になりました」の表示を非表示にする方法

Facebookでは友達になると、「xxxさんがoooさんと友達になりました」という表示が、自分の全ての友人のタイムライン上に表示されます。利用されている中には自分と関係ないものを表示させないでほしいと思われている方もいると思います。

今回はその表示を非表示にするやり方をまとめてみました。

”友達を追加しました”というアクティビティを非表示にする方法

まずは自分が友達追加した際に、タイムライン上に表示させないやり方をご紹介します。

最初に自分のプロフィール画面に飛びましょう。そうしますと、右側に「アクティビティログ」というアイコンがありますので、そちらをクリックします。

そうしますと以下の画面になると思います。

 アクティビティログ①

この画面上の鉛筆マークをクリックします。クリックしますとタイムラインに表示するかしないかの選択が出てきます。

アクティブログ②

ここでタイムラインに非表示にするという選択肢をクリックすると、これから先タイムライン上で非表示になります。

他の人に見せたくない場合

シェアしたもの、投稿したものを他の人に見せたくないときってありますよね。そのような場合にも設定できることがありますので、ご紹介したいと思います。

タイムライン上にあるもので、これは他の人に見せたくないと思う投稿やアクティビティの右上にある鉛筆マーク、もしくは「v」をクリックします。

そうしますと今のような画面が表示されると思います。

スクリーンショット 2016-06-22 13.54.28

これらの選択肢の中で、下から3番目の「タイムラインに表示しない」という選択肢をクリックします。そうすることで、該当する投稿やアクティビティをタイムライン上で非表示に設定することができます。

まとめ

今回は「友達になりました」という表示をタイムライン上にて非表示にする方法をご紹介いたしました。また、自分が投稿・シェアしたものを他の人に見せたくない場合に使える方法も併せて解説しました。

日頃利用する中でこのような状況は必然的に出てくると思います。その際はぜひこれらの中から自分が使いやすいものをテョイスしてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square