iPhoneのAssistive Touchをカスタマイズする方法

iPhoneの機能の中で「Assistive Touch」という機能をご存知ですか?「Assistive Touch」は画面のタッチやボタン操作を手助けする機能です。画面のタッチ操作がうまくできない、ボタンが壊れて操作できないなどの緊急時にも画面操作だけで手助けしてくれます。

普段でも有効に使える設定もありますので、今回はそんな「Assistive Touch」のカスタマイズ方法をまとめてみました。

「Assistive Touch」を有効にする

まずは「Assistive Touch」を有効にします。設定 > 一般 > アクセシビリティ > Assistive Touch の順にタップして「Assistive Touch」のスイッチをオンにします。

IMG_2188

すると画面の下の方に四角いアイコンが常に表示されます。これが「Assistive Touch」のアイコンです。このアイコンをタップするとメニューが表示されて「Assistive Touch」が使えるようになります。

「Assistive Touch」の基本メニュー

これが 「Assistive Touch」の基本メニュー画面です。1

 通知センター

このアイコンをタップすると通知センターが表示されます。

デバイス

画面をロックする・音量の上げ下げ・画面の回転・消音などのデバイスの操作を出来る項目です。シェイクやマルチタスク・スクリーンショットもできます。

コントロールセンター

コントロールセンターの画面を表示できます。

ホーム

ホームボタンと同じ効果です。

Siri

Siriが起動します。

カスタム

ピンチ操作・3D Touch・ダブルタップや自作タッチ操作を作成・登録できます。


最初の状態で以上の機能が画面のタッチのみで操作ができます。画面にフィルムを張っていて特定の場所で画面の反応が悪い場合や指の乾燥等で反応が悪い場合などにも使えるかと思いますが、カスタマイズすることでもっと便利で色々な場面で有効に使えるようになります。

カスタマイズ方法

便利になるカスタマイズ方法としてジェスチャーの登録とメニューのカスタマイズがあります。

ジェスチャー

タッチ操作を自作・登録できます。先ほどのメニューでカスタムをタップした画面で四角い点線で囲まれた「+」をタップするか、設定 > 一般 > アクセシビリティ > Assistive Touch の新規ジェスチャを作成で新しいタップ・スワイプを使った操作を作成できます。この画面でスワイプやタップするとそれが記録されるので完了したら保存ボタンをタップします。機能名を入力して保存すれば登録されます。

17

登録したジェスチャーは「Assistive Touch」のメニューのカスタムの項目から使えるようになります。

メニューのカスタマイズ

実はこれが一番便利になる設定かと思います。設定 > 一般 > アクセシビリティ > Assistive Touch の画面から「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」をタップします。

4

6個のアイコンと書かれた隣にある「+」と「-」で「Assistive Touch」のメニューのカスタマイズができます。

3

「-」でメニューアイコンの数をひとつずつ減らすことができます。「+」を押すとこの画面になるので、更に新たに表示されたアイコンの「+」をタッチします。

10

機能の選択画面になるので自分の使いたい機能を選択して完了をタップすると、先ほどのメニューに新しいアイコンが追加されました。

13

今回はスクリーンショットを選択しました、これでスクリーンショットを撮るのにいちいちホームボタンと電源ボタンを押さなくても良くなります。

もしこれではアイコンの数が多すぎて使いずらいと感じるのであれば「-」を使ってアイコンの数を減らしてください。もし余計に消してしまっても画面の一番下のリセットをタップすれば元に戻るので安心です。
12

iPhone 6sではさらに「Assistive Touch」のアイコンを3D Touchすることで動作を起動することもできます。「3D Touchのアクション」をタップすると先ほどの機能選択の画面になるので同様に選択するだけで設定できます。

14

これで「Assistive Touch」のアイコンを強く押すだけで動作が起動できます。つまり、先ほどと同じにスクリーンショットを選択すれば「Assistive Touch」のアイコンを3D Touchするだけでスクリーンショットが撮れるようになります。

まとめ

今回は「Assistive Touch」のカスタマイズ方法をまとめてみましたが、設定することでとても便利な機能になります。

自分好みの設定をすればiPhoneを更に快適に使えるようになるので是非活用していただけたらと思います。