Gmailで添付可能な容量はどれくらい?

Gmailを利用していて、ちょっとした画像などのデータを送受信したことがある人も多いと思います。

そこで今回は、Gmailでは一体どれくらいの大きさのデータを添付できるのか、大きなデータをやり取りするときはどうすれば良いのかということを解説していきます。

Gmailで添付可能な容量は?

現在、Gmailで送信可能なメールの上限サイズは25MBです。もし25MBを超えるデータを送信しようとしても下の画像のようなエラー画面が出て送信できません。

また、相手の使っているメールサービスの上限サイズが小さい場合、その上限を超えるような大きいデータを送信することが出来ません。

01

では25MB以上のデータを送信したい場合はどうすればいいのでしょうか? せっかくGmailを使っているのですから、Googleドライブを使用しましょう。

Googleドライブに送りたいデータをコピーして、そのデータへのアドレスを相手に教えてダウンロードしてもらいます。相手のメールサービスがGmailでなくても大丈夫です。

Googleドライブを利用すれば、最大で15GBまでのデータをやり取りできます。有料のストレージプランを利用すれば最大1TBまで可能になります。

GmailでGoogleドライブを利用しデータを送信する方法

メール作成画面の「ドライブを使用してファイルを挿入」ボタンをクリックします。

02

「Googleドライブを使用してファイルを挿入」と書かれた画面になったら「アップロード」タブをクリックしましょう。

03

送信したいファイルを画面上にドラッグするか、選択してください。ファイル名が画面に表示されたら「アップロード」ボタンをクリックします。

04

アップロード作業が完了したらメール作成画面に自動的に戻ります。下の画像は、メール「本文」欄にファイルのアドレスが追加された状態です。

05

アドレス、件名、本文を入力したら「送信」ボタンをクリックしてください。

06

ファイル共有に関する設定画面が表示されたら、そのまま設定は変更せずに「共有して送信」をクリックします。これで完了です。

07

受信した相手が本文中のアドレスをクリックするとブラウザが立ち上がり、ダウンロードページが表示されます。

まとめ

送信したいデータが25MBを超えてしまっても、慌てずに上記で説明した方法を活用してデータを送ってください。

もしも、相手がメール操作に不慣れな人だと分かっている場合は、アドレスをクリックするよう本文で一言添えるとよいでしょう。


イベント