「拝啓 敬具」という表現の正しい意味や使い方

ビジネスシーンでも、手紙やお礼状を書く時に「拝啓 敬具」という表現をよく使います。形式として「拝啓 敬具」を頭語と結び語で書くのは分かっていても、正しい意味や使い方を知らないという方もいるでしょう。

今回は、「拝啓 敬具」という表現の正しい意味や使い方について説明していきます。

「拝啓」と「敬具」の意味

「拝啓」「敬具」の言葉の意味について触れていきます。

まず、「拝啓」は「拝み申し上げる」という意味合いがあります。敬意を払い手紙を始めるという事を表す言葉で、手紙の初めにつけるので「頭語」とも呼ばれます。

訓読みすれば「おがみもうす」と読み、おじぎをして申し上げるという意味になります。人と会う時にはお辞儀をして挨拶をしますが、これと拝啓は同じ意味の表現で、手紙内でのお辞儀の場面とイメージすると解り易いでしょう。 

「敬具」も同じような意味で、「つつしんで申し上げました」という意味合いがあります。手紙を締めくくる時にも敬意を払う事を忘れないようにしましょう。手紙を結ぶ言葉なので「結語」とも呼ばれます。

人と会って、別れ際に、「それではまた」と挨拶をしますが、これと敬具は同じ意味の表現で、手紙内での敬意を持っている相手に対しての別れの挨拶の場面とイメージするとわかりやすいでしょう。

「拝啓」「敬具」の正しい使い方

では、「拝啓」「敬具」の正しい使い方を説明していきます。

「拝啓」は「申し上げる」という言葉の通り、手紙の一番初めに書きます。それから時候の挨拶を書き始めるのです。「敬具」は手紙の最後に書きます。結びの言葉はその前に書きます。

例:「拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます~よろしくお願いいたします。 敬具」

 ※「拝啓」は本文の最初の左端に、「敬具」は最後の右端に書きます。

「拝啓」「敬具」以外の頭語と結語

手紙を始め、結ぶ言葉はこの二つだけではありません。

「前略」「草々」という言葉がありますがこれも同じように使えます。「前略」は頭語で「草々」は結語です。しかし、これらの言葉は「取り急ぎの粗略な様子」を表す言葉なので、ビジネスの場にはふさわしくありません。

逆に、「拝啓」よりも丁寧な意味合いになるのが「謹啓」です。この「謹啓」の結語になるのが「敬白」です。よりかしこまった手紙を書きたいときに使います。

まとめ

頭語と敬語はセットになっているので正しい組み合わせを覚えておきましょう。意味と使い方を覚えて、正しい手紙を書けるようにしてください。早速、今日から、ビジネスシーンの、ビジネス文章マナーとして活用していきましょう。



イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)