iPhoneのカレンダーを活用する方法

iPhoneの「カレンダー」はスケジュール管理もできる優れたアプリです。標準アプリですので他のアプリとの連携も強く、使いこなせばとても便利なアプリです。

今回はそんな「カレンダー」の活用方法をまとめてみました。

使い方

まずは基本的な使い方から紹介します。

カレンダーのアイコンをタップして起動し、カレンダーを表示させます。

5

 表示の切り替え

カレンダーの画面で上下にスワイプさせることで、前後の年を表示させることができます。※どの表示の状態(年、月、週、日)でも画面を上下か左右にスワイプすることでその前後の年や月、週、日に切り替えられます。

4

この状態では年ごとの表示なので週や日で表示したい場合はiPhoneを横に回転させ画面を横向きにすると、画面の上に表示の切り替えが出るので自分の見たい表示に切り替えてください。

6

イベントの登録

イベント(予定)の登録は、カレンダーが表示されているどの画面でも良いので右上の「+」のマークをタップします。タイトル(題名)や場所、日時や通知を設定し、右上の「追加」をタップすれば予定を登録できます。

8

以上が基本的なカレンダーの使い方です。

カレンダーの活用方法

次にカレンダーを便利に活用する方法を紹介します。

用途別に使い分ける

複数のカレンダーを作成し、使い分けることができます。例えばプライベートや仕事、子供の予定などに分類して作成し、それぞれの予定だけを表示、もしくは複数の予定の表示をするなど用途によって切り替えて使うことができます。

9


画面下の「カレンダー」をタップすると今使えるカレンダーが表示されるので必要に応じて設定してください。もしカレンダーを追加したい場合は画面左上の編集をタップして次の画面で「カレンダーを追加」をタップすれば追加できます。

10

カレンダーを同期させる

iCloudを使えば他のiPhoneやiPad、Win、Mac等の端末ともカレンダーを同期出来ます。設定 > iCloud の画面でカレンダーのスイッチをオンにします。

11

後はそれぞれの端末でiCloudやアプリの同期設定を行えばOKです。※応用でファミリー共有を設定しておけば家族とも予定が共有できます。

iPhoneのカレンダーを他のカレンダー、例えばGoogleやヤフーのカレンダーとも同期(共有)できます。androidとiPhoneの両方を使っている方でもスケジュール管理が楽になります。設定 > メール/連絡先/カレンダー > アカウントを追加 の順にタップします。

13

自分の追加したいサービスをタップしてユーザー名とパスワードを入力し、同期させたい項目のスイッチをオンにすれば完了です。

メール等からの予定作成

メール等からの連絡から予定を簡単に作成できます。例えば、このようなメールが来たら色の違う日時の部分をタップします。

14

下側にメニューが出るので「イベントを作成」をタップすることで予定を作成できます。

16

他のアプリからの予定作成

その他にも、他のアプリからの検索結果等を元に予定を作成することも可能です。例えば便利なのが乗換案内です。乗換案内の検索結果から左上の共有アイコンをタップして出てきたメニューから「iOS標準カレンダーに登録」をタップすれば作成できます。基本的にはその他のアプリでも共有のアイコンをタップして下側に出てくるメニューに「iOS標準カレンダーに登録」という項目が出てくれば予定が作成することが可能です。

18

まとめ

今回「カレンダー」を活用する方法をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

色々なスケジュールアプリもありますが、やはり「カレンダー」はiPhone標準のアプリだけあって、他のアプリとの親和性も高く、機能的にも満足いく内容です。これらの機能を使って普段のスケジュール管理に活用してもらえたらと思います。


イベント