定年退職する上司に送りたいメッセージ例

定年退職は新しい人生のスタートです。そんな第二の人生を迎える上司にはどのようなメッセージを送ればいいのか、悩む人は多いと思います。

ここでは、定年退職する上司に向けるメッセージはどのような言葉を入れるといいのか、注意点は何か、メッセージの一例を紹介していきます。

どのようなメッセージを送ればいいのか

ここでは、どのようなメッセージを送ればいいかのポイントを説明していきます。

1, 感謝の気持ちを込める

「お世話になりました」など、感謝の意を伝える言葉を入れます。これから立ち去る職場の人から感謝されれば喜んでくれるはずです。

2, 新しい人生に向けての祝いの言葉にする

「第二の人生のスタートをお喜び申し上げます」など、新しい人生への出発がおめでたいものであるという祝福の言葉を入れます。

メッセージを送る際の注意点

入れた方がいい言葉とは逆に、メッセージを送る際の注意点も説明していきます。

1, マイナスイメージの言葉を控える

入れるとよくない言葉としては、後ろ髪を引かれる様な言葉は入れるのを推奨しません。「残念です」「寂しいです」などがこれに当たります。せっかくの門出ですから、気持ちよく送り出す言葉を選んでください。

2, 老後を連想させてはいけない

老後という言葉を使うのも、「ゆっくりお休みください」など連想するような言葉を入れるのもいけません。人生の再スタートという考えでメッセージを考えてください。

メッセージの一例

では、実際どのようなメッセージを送ればよいのか、その一例を紹介いたします。

「大変お世話になりました。健康に気をつけて、これからを楽しんでください。」

「長い間メンバーを支え続けてくださりありがとうございました。今後の活躍をお祈りいたします。」

などです。参考にしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ポイントを押さえたメッセージでお世話になった人を送り出してください。